まだ工事中です。

タックルなど書いても誰も知りたくないとおもわれるので、後回しにします。

参考までに

ロッド:釣りそのものをはじめた頃よりufmウエダ愛用。「ニョッ」ていう感覚が大好き。

(↓写真はVAGABONDのアクショングリップ+トラウトプラッギングスピン)

リール:NEW RYOBI。値段が手ごろ。ダイワ空中爆発で怪我し(ちなみに悪いのは365日使った私と、突然足下で掛かったブリ)、シマノを無くして後悔した私が推薦する最強手頃リール。エクシアとゼスターとある。

ライン:完全なるクレハ信者。エクスクールとリバージナイロンソルト。ほとんどこればっかり。日持ちがよく、ココゾというところで耐えるライン。というか他所のラインはココゾというところで耐えてくれない。新しいのは各社試してるのですが…。

こんなカンジが基本でしょうか。。詳細は機会があればいずれ。

バスルアーに関してはこちらをご覧下さい。

備品に関しては以下のとおりです。

ギャフ 【スタジオオーシャンマーク/オンショアギャフ/shaft 300】

リリース前提のゲームとなるとネットがまず思い浮かぶところですが、僕はバスでもシーバスでも口掛けのギャフを多用します。理由は、現在の主流であるネットや乾いた手によるランディングではあまりに魚体への影響が大きいからです。下顎に引っ掛けてぶら下げる口掛けなら、ちいさな穴傷だけなのでネットと比較してもダメージは相当小さくなります。(何度実験しても口掛けギャフが原因の致死率はゼロ。ネットは魚種平均10%〜30%、乾いた手は20%〜70%というような結果が出るはずです。「やさしくリリース」という言葉について本当に考えたならフックなし、またはバーブレス&ペンチになってくるのでしょうけど、欲を言えばキャッチしたいのが釣り人です。もしくはキャッチしなければ、写真がなければ認めない人までいる現状を考えた上での発言です。僕個人はバイトした瞬間に釣り終了なので、ぶっちゃけリリース論議は勝手にやってくれというハナシになりますが)魚と接することが多く、特に今さら魚を殺したくない釣り人はボガーグリップやギャフを利用するほうがネットよりも魚体によいのではないでしょうか。

このギャフを気に入っている点は2点あります。

★一つはこのコイルスプリング。これで伸縮します。普段はコイルがボディに収納され、キャップ部についたマグネットで蓋されています。

★もうひとつはこのベンド。魚をかけた時に重心がグリップの鉛直方向真下に来ることです。これにより必要以上に魚が暴れて傷穴が広がらないようになっているのかもしれません。とにかくメッチャ楽です。

また、このギャフのちょっとした問題点は2点あります。

★磁石が割れてなくなった。(余程のことがないかぎりありえないと思います。)

★キャップが大きいので、何かに押し当てられると抜ける。(他のギャフもキャップ問題はあるのでこの点は仕方ない。)

問題と言ってもこの程度です。この問題点を補って余りあるメリットを持っているので個人的には相当オススメです。はやくも愛する道具の一つとなりました。なんといってもこだわりの道具なので、デザイン、質感、使用感に関しての『所有する満足度』がイチバン大きいと思いますが。


プライヤー【各社】

現在愛用しているプライヤーは3つあります。一つはYO-ZURIのスプリットリングプライヤーで黒いやつ、もう一つはスミスのリングプライヤーで、カッターの部分が長く青いやつ、そしてロングノーズ(写真)です。

※YO-ZURI/スプリットリングプライヤー

よく無くすので何代目かわかりませんが、無くしたと思ったら即買いに行きます。これは錆びやすいのが難点(今のは何故か解消されている気がする)ですが、丈夫で先端がチビません。そんな理由からメタルジグの工場などでもよく使用されているモデルです。1500円以内で買えると思います。無くす度10段階の8。たぶん現在8代目。(2003年8月22日はやくも紛失。同年9月1日9代目購入)

※SMITH/スプリットリングプライヤー

こちらは錆びに強いタイプです。とにかくハサミ部分がパワフルなので、ラインカッター&ペンチとしてメチャメチャ気に入っています。オフショアではリングプライヤー、フック外し、ペンチ、ラインカッターとしてこれ一本を使用しています。YO-ZURIの先端より太いので、オフショアルアーのリング交換以外、リングプライヤーとしての活躍はさせてません。値段は\3000以上クラス。無くす度10段階の5で現在4代目。(2003年8月22日紛失)

※ロングノーズプライヤー(写真)

通称ナマズペンチ。先輩達がビワコオオナマズで使用していて、憧れたプライヤーです。僕の中では「これを持ってこそ漢(オトコ)」だと思っています。主に巨大魚の口の中のフックを外すときに使います…っていうか、ハサミもリングスプリッターもないので、それ以外に用途が無いです。しかし、持っていると、何故かギル相手にも使いたくなる、オトコのペンチです。値段は様々ですが、2000円前後のものが多いと思います。ちなみにおもいっきり投げたら人殺せるくらいの重さです。注意して下さい。無くす度10段階の1。現在2台目で、なかなか無くなりません。(2003年7月、ついになくしました。が、このページを見ていただいた心優しいお方が拾われ、無事連絡いただけました)