リクエストにより、再開します。

以下の文を必ずお読みになって、お進み下さい。

詳しい内容は裏ページ以外に公開しておりません。

重要!ナマズ保護派の意見

 タックルについて話をしたいと思いますので少し耳を傾けてみてください。
 ビワコオオナマズはご存知の通り、淀川水系の、特に琵琶湖由来の魚です。この魚は近年ルアー釣りの新しいターゲットとしてテレビや誌面を賑わしていますので皆さんもご存知か思いますが、実はとても貴重な種類の魚で、瀬田川は閉鎖的な水域です。このまま釣り殺され続けると、絶対数もすぐに底をついてしまう程度しかいないことも現在までに解っています。この魚が成長するまでにいったいどれほどの優れた環境が揃わなければいけないのでしょうか。実際数多くの生物学者達も保護を求めています。
 しかしながら、メディアに出る人々のタックルはほぼ確実にバス用の少々硬め程度のモノしか使用していないのは何故でしょう。まして、その出演者が<柔らかいほうが楽しい>等と無責任な発言をして上手に魚をキャッチする。いくら自分のファイトが上手くても、この魚に関してばかりは、このようなゲームの対象ではないのです。もっと他にこんなことが、より楽しめる丈夫な魚は他にいます。しかし、それでもビワコオオナマズが釣りたいと言うのであれば、その責任を持つべきです。こういった岩場で、流れで、この魚が掛かる可能性のある場所で、例え他の魚を狙っているにしても、タックルもオフショア用、ラインもPE6号以上、リーダーも10号以上等、出来る限りの対策があって、はじめてターゲットとして、もしくはお目当ての魚を狙う資格があるといえます。
 みなさんもハリの付いたプラグやワームを飲み込んで、何事も無く生活を続けていくことができるでしょうか。なぜこの特定の種類の魚だけが、体や口が大きい、繁殖力が弱い、という事情でこのような仕打ちを受け続けているのでしょうか。この魚について考えてみてください。

追記:

・この魚は臭くて、食べるのには適しておりません。“食えない貴重な魚”となると、「釣って遊ぶ」だけの我々にはどれほどの責任が必要かも認識していただければ幸いです。

・ゲームフィッシュと簡単に当ページで表記していますが、バスやシーバスなどのように多数の釣り人を受け入れる資源的キャパシティを持ってません。十分にご理解下さい。入り口